日本人が話をする時、まず理由や考え方などの経緯を説明して、それから結論という順番になることが多いと思います。タイ人に説明をする場合、まず結論を話して、それから理由を説明した方が理解されやすいです。なぜならば、タイ語の文法が結論→理由という順番だからです。

「過程が何より大切、プロセスが正しければ結果は後から付いてくる、だから先に説明したい」と仰る日本人のお客様がたくさんいらっしゃいます。しかし、結論がはっきりしない状態で長い理由説明が続くと、タイ語脳の思考回路が混乱します。「そろそろ結論が来るはずなんだけどな」という期待が裏切られ、話についていけなくなり、頭の中で別の空想が展開され始めます。結果が気になって、話が頭に入らなくなります。虚ろな目の聞き手を相手に話をしたくないのであれば、早めに結論を語ってしまいましょう。

結論を語る前にワンクッション入れたい場合は、「皆さんにお伝えしなければならないことがあります」と一言入れて、ちょっとだけ心の準備をしてもらうと良いでしょう。どうしても経緯から話す必要がある場合は、「経緯からお話します」とつけ加えるのをお忘れなく。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)