よくあるご質問

Q1.インターネットの安定性は大丈夫ですか?

A1.こちらの作業場所での回線は安定しています。安定度測定の数値も良好でした。
有線でお繋ぎします。

Q2.ウェブ会議で同時通訳してもらうことは可能ですか?

A2.お客様の方で同時通訳可能なウェブツールをお持ちの場合のみ、対応可能です。
通常は、逐次通訳(話を適当な長さに区切りながらの通訳)となります。

Q3.事前打ち合わせはできますか?

A3.ご要望があれば、30分以内無料で事前打ち合わせおよび、システムの動作確認テストを行うことができます。

Q4.ズームは40分で切れてしまいませんか?

A4.有料アカウントを取得していますので、連続して使うことができます。

Q5. 社員へのヒアリングをする場合、社内の通訳よりも外部の通訳を使った方が話しやすいものですか?

A5. そのように感じる方が多いかもしれません。また、社内通訳さん自身のヒアリングをする際、外部の通訳を介した方が、ネイティブのタイ語で思い切り話せるので良いという場合もあります。

Q6.タイ側日本側ともに英語が堪能な場合、タイ語通訳を入れた方が良いものですか?

A6.双方ともに英語が堪能な場合は、英語で話されたら良いと思います。英語が堪能でない方が急に会議に参加する可能性がある場合は、通訳を入れた方が安心だと言えます。

Q7.オンライン会議のメリットとデメリットは?

A7.オンラインの場合、移動に時間が取られない、渋滞による会議の遅延がない(時間通りに始まる)というメリットがあります。隣の人とのお喋りによる会話の脱線も起こりにくいです。

また、聞き手はイヤホンを付けてパソコンの画面に見入る為、プレゼンテーションのインパクトが伝わりやすいというメリットもあります。

デメリットとしては、会議前にお茶を飲みながら世間話をすることができない為、つかみトークなしで本題に突入してしまう危険性があります。意識してアイスブレークの時間を取ることが大切だと思います。

お客様の声

本日は長時間の通訳をしていただきありがとうございました。
小谷様の丁寧かつ分かりやすい通訳のお陰で、大変充実したインタビューを実施する事が出来ました。
またタイとのミーティングを実施する際は、ぜひ通訳をお願いさせて下さい。
(K社担当者様)

いつもながら、何から何までお手数をお掛けしました。有り難うございます。
またタイ訪問時にはお願いしたいので、その節は宜しくお願い致します。
(X社担当者様)

このたびは、3日間の研修で通訳を務めて頂き、大変にありがとうございました。
小谷さんのとてもスムーズな通訳のおかげで、ディスカッションが滞りなく進むことが出来、心より感謝しております。
(T大学担当者様)

この度はありがとうございました。
おかげさまで、スムーズにワークショップを進行できました。
また、何か機会がありましたら、よろしくお願いします。
(N独立行政法人担当者様)

先ほどはありがとうございました。
スムーズかつサポーティブなタイ語通訳でしたので、非常に助かりました。
またの機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。
(A社担当者様)

小谷様のスキルも非常に高く、スムーズな
ヒアリングを行うことができました。
終始、臨機な通訳対応を快く引き受けていただき
感謝しております。また、ぜひ宜しくお願い致します。
(S社担当者様)

先日は、3日間の通訳にご対応くださり誠にありがとうございました。
小谷様のご支援により、業務がスムーズに遂行できました。
重ねて御礼申し上げます。
(J社担当者様)

powered by crayon(クレヨン)