スマートな挨拶の仕方

年下(目下)の人から年上(目上)の人に対して先に合掌をして挨拶をするのが基本です。

挨拶の言葉は、朝昼晩いつでも

サワッディー・クラップ สวัสดีครับ(自分が男性の場合)
サワッディー・カー สวัสดีค่ะ (自分が女性の場合)

出会った時も別れる時もオールマイティーで使える便利な言葉です。

繰り返しますが、誰から先に挨拶するかというのがとても重要です。
社長さんのような偉い立場の日本人の方が若い社員に自ら率先して合掌・挨拶される姿をたまに見かけますが、「年上の人から先に合掌されると寿命が縮む」というジンクスもあるくらいなので、偉い方は「挨拶されたら返せば良い」くらいに思っておいて頂ければ大丈夫です。
目下の人に対して合掌をする時、手の位置は胸くらいが丁度良いです。

逆に、目上、年上の人に対して合掌する時、手の位置が低いと失礼にあたります。
親指が口に来るくらいの高い位置で合掌しましょう。
指先は揃えると綺麗です。

挨拶は、普通は出会った時1回、帰り際に1回すればOKです。
日本人は、帰り際に名残り惜しんで何度もお辞儀をして、相手が見えなくなるまで車の外でお見送りをしたりしますが、タイでは1回合掌してサヨナラの挨拶をしたらもう「バイバイ」というのが一般的です。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)