検疫強化?!

2020年03月03日 11:49
カテゴリ:日々の生活

新型コロナウイルスの拡大防止のため、タイの空港で日本からの入国者への検疫を強化するという発表が2月17日にありました。
以降、「タイ出入国時の安全が確保されるかわからない」などの理由でタイ出張者のキャンセルが相次ぎました。
「入国拒否される可能性は?」とのお問い合わせも頂きましたので、2月24日の週にタイに入国した方々数人に入管の様子を聞いてみました。皆さん口を揃えて言うには、

「普通だった」

そうです。
昨日(3月2日)タイに到着した知人も通常通りだったと言っていました。
ビデオカメラで体温スキャンしているものの、発熱さえしていなければそのまま通関できるようです。

3月2日の保健省のデータによると、タイでの感染者は累計で43人。

2月26日に日本から帰国した老夫婦2人と、同居している孫計3人の感染が確認されて大きなニュースになりました。
日本イコール感染国というイメージが強く印象付いてしまったと思うので、電車の中でマスクもしないで日本語を喋っていたら嫌がられるかもしれません。

エアポートリンクの始発駅、パタヤイ駅に通り抜け式の体温測定器が設置されていました。

途中下車した駅には設置されていませんでしたが、とりあえず始発駅と終点だけでもという感じでしょうか。

こちらは、今後空港や公共施設に設置されるという体温測定機能付き防犯カメラ。

なぜかパンダ・・・。
観光業やサービス業が大打撃を受ける中、新しい需要も生まれているんですね。

話が逸れましたが、空港での検疫は現時点では発熱していなければ「普通」ということで、ご参考になれば幸いです。
感染拡大が1日も早く収束することを願っています。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)