反政府デモについて

2020年10月20日 15:02
カテゴリ:日々の生活

反政府デモがヒートアップしていますね。
先週は鉄道が一時運休する事態になりました。

当初、「今回のデモはカリスマ的リーダーがいないから自然にフェードアウトするだろう」的な社説が出回っていたので、デモ参加者の数は私の予想を大きく上回っていました。

日本のメディアに掲載されたある記事には「タイの若者の閉塞感がデモの背景にある」と書かれていましたが、とても良い分析だと思います。
もっと言えば、理由は何でも良かったんじゃないか・・・なんていう気もします。

デモ隊は公式的には王室改革や首相退陣、憲法改正を叫んでいますが、ニュースを見ると座り込んで「香港独立!」と叫んでいる学生集団なんかもいて、「何の話やったかな・・・」と異次元ワープしそうになりました。
最近では国内外の人権団体が目を光らせているので、非常事態宣言下でも警察も軍も下手に武力行使できない状況で、良いことではありますが、運動がエスカレートしないか心配です。

改革を求める若者や、6年前のクーデターに敗れて積年の恨みを抱いている赤シャツ派や、不公平な社会構造を憂う貧困者代表や、厳しい校則に不満な中高生や、色んなグループが入り乱れている今回のデモですが、親王室の黄色シャツ派も各地で集会を持ち始めているので、今後どんな展開になるのか予測できません。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)