アイスブレークの法則

2020年07月24日 14:12

前回、タイで商談をする時はなるべく早めに結論を話した方が良いと書きました。
特に初対面の商談相手に対しては、早い段階で簡潔に訪問目的と双方にとってのメリットをお話しできるとスムーズです。

過去に「今日は仲良くなれれば良いのだ」と延々と世間話を続けたお客様(日本人)がいましたが、「君は何が言いたいんだー!早く要点を話してくれ!」と怒られて終わりました。微笑みの国のタイ人もいちげんさんには厳しい場合が多いです。

もちろん、多少のアイスブレーク・トークは必要です。

以下、アイスブレーク・トークにお勧めの無難な話題5選です。

1. オフィスや部屋の雰囲気を褒める
2. 会社の管理体制や立地を褒める
3. 気候の話題
4. 時事の話題
5. タイ料理の話題

この他、ご自身を印象付ける演出として、ニックネームを名刺に印刷しておくという奥の手もあります(タイ語のニックネームならなおさら印象的です)。
「タイのニックネーム持ってるの?」と反応してもらえたら、掴みはオッケーですよね。

避けるべきは、王室に関する話題と政治の話。
家族や部下に邪険に扱われているネタも心にしまっておきましょう。
「私、社長なのに社員からじいちゃんと呼ばれております」と自虐ネタを披露して下さる方がたまにいますが、タイ人は上下関係の秩序に厳格なので、ドン引きされてしまう可能性がないとも言えません。

みなさまの商談がうまく進みますように。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)